性病はどの症状も初期には自覚症状が少ないため、そのまま放置したり性行為に及ぶと相手に移し拡大の輪を広げてしまいます。

薬通販ネット

薬通販サイト

薬の通販

通販で男性に人気の薬

ED治療薬

薄毛の症状

禁煙

性病

EDの情報

EDとは?

ED治療薬の詳細

薄毛の情報

男性に多い薄毛

AGA治療薬について

禁煙の情報

禁煙について

チャンピックスとは?

性病の情報

性病の種類、症状

性病の治療薬

性病の種類、症状

性病の種類、症状

性病は性感染症もしくははSTD(Sexually Transmitted Diseases)とも呼ばれている、性行為、またはそれに準ずる行為によって感染する症状全般を言います。どの症状も初期症状に自覚症状が少なく、それにより感染拡大をさせてしまう事は珍しくありません。それを防ぐためには衛生器具を使う。異常を感じたら検査をする。感染していた場合、性行為は控え治療に専念する。といった事を意識しなければなりません。

代表的な性病

男性女性ともそのまま放置してしまうと子供が出来にくい体質になってしまったり、あるいは死亡してしまうなどとても危険な病気であることを良く理解せねばなりません。なぜこのような風潮になっているか全く理解は出来ませんが、性病は軽く見られがちなので意識を変えていきましょう。以下、代表的な性病とその症状や原因、治療方法についてご説明します。

クラミジア

クラミジア

日本で最も多くの感染者を持つ性病として知られているのがクラミジアです。男女ともに自覚症状が少ないため、気付かないまま性行為に及び感染を拡大させています。特に若い女性にクラミジア患者が多く、風俗店からも感染してしまうので要注意です。

クラミジアの原因

クラミジア・トラコマチスという細菌により発症します。性病の他にも眼病の症状も起こします。結膜炎を起こしてしまい悪化すると失明する危険性もありますが多くは不衛生な水から感染していたため現在ではまず起こりません。発症するのであれば患部を触った手で目をこすったりした場合発症することがあります。

粘膜同士の接触で感染し、触れるだけでもいけません。ですので衛生器具は必ず着用せねばならぬのです。性器同士の他にも咽頭へ感染する場合もありこちらは風俗店に務める女性やよく訪れる男性に見られます。咽頭クラミジアと呼ばれているのですが、こういった経緯によってさらに感染は拡大しております。

目立ちにくい症状

重症にならなければクラミジアに感染したと気付きにくいほどその症状は分かりにくいといいます。男性は女性と比較すればまだ分かりやすいと言われていますが体調が悪いだけと感じることも多いかと思います。主には尿道炎として現れ、排尿時の痛みによって初めて気がつく方が多いようです。また膿も発生するため、それによっても性病であると認識出来ます。

1週間ほど気付かずに放置してしまうと前立腺に炎症が起きてしまう可能性があります。さらにひどい場合は精巣上体炎にも発展し、いずれもひどい痛みを伴います。副睾丸炎にまで発展すると不妊症になってしまう危険性が非常に高くなるため速やかに治療を行わなければなりません。また他の性病の感染率が高まってしまいます。いずれの性病もそうですが、放置していても全く良いことはありませんし自然治癒もまず出来ない症状ですので恥ずかしくても医療機関へ行き、治療を行って下さい。

クラミジアの治療薬
クラミジアの治療薬

性病の治療薬としての多くは抗菌薬や抗生物質が使われています。クラミジアに関してはジスロマックやクラビットが該当し、原因菌に作用することで増殖を阻害し死に至らしめます。すると症状は次第に静まり、治療が完了していくのです。医療機関で処方されるか通販で購入するか、どちらでも手に入りますのですぐに服用を開始しましょう。

淋病

淋病

淋病も感染者の多い性病と言われています。この症状も感染率が高く、そしてクラミジアと良く似た症状や特徴を持ち併発もしやすいため要注意しなければなりません。淋病も治療を行わずに放置をしたままだと不妊症になる可能性がありますので、異常を感じたら検査を行いましょう。また感染予防のため、衛生器具は必ず着用し性行為に及んで下さい。

淋病の原因

原因は淋菌と呼ばれる細菌です。淋菌も粘膜でのみ感染し、離れると死滅するほど弱いためほぼ性行為でしか感染しません。一時は減少傾向にありましたが再び増加している性病で危険性を十分認識しなければなりません。

淋病の症状

先程も記述しましたがクラミジアと良く似た症状であるため一見どちらに感染したか分かりづらいかもしれません。男性で起きる症状には尿道炎が多く、排尿時には激しい痛みが起きるためすぐに分かるでしょう。また膿も排出されます。クラミジアの場合よりも膿の排出量が多いと言われているので判断する場合は参考にして下さい。放置することによって前立腺炎や精巣上体炎に発展し、不妊症の原因になってしまいます。いち早く発見し治療にあたりましょう。

梅毒

梅毒

梅毒も近年増加している性病です。他とは違い第一期から第四期まで症状があり、数年から数十年にも及びます。第四期にまで至ってしまうと死亡してしまう恐ろしい症状です。江戸時代に大流行し、多くの死者を出しましたが現在はペニシリンの発見により治療できる症状になりました。

梅毒の原因

原因は梅毒トレポネーマという菌により発症します。性行為により感染し男性同士の性交で多くの感染者がいる事も指摘されています。また妊婦が感染していた場合、胎児にも感染してしまう恐ろしい症状です。傷があった場合に、患部に触れると感染する可能性もあります。

梅毒の症状

第一期から第四期までの症状は違います。特に第一期、第二期には自覚症状が少なく見逃してしまうパターンも多いと聞きますので日頃から体調を見ておきましょう。まず第一期で起きる症状には痛みのないしこりが現れたり、リンパ節が熱を帯びて腫れます。ただし自然に消えるため気付かないか、あるいは気付いていても治ったと思い込むことが多いようです。

第二期は数ヶ月後に起こります。梅毒トレポネーマが全身に行き渡り発疹が発生。また発熱や第一期と同様リンパの腫れも起きますので異常を感じた際はすぐに医療機関へ行き検査を行いましょう。第三期に至るまでは数年かかるといわれその間は無症状です。多くの方がこの第二期で治療を完了させています。なるべくこの期間で完治させましょう。

第三期になるとゴムのような塊の腫瘍が発生します。皮膚や臓器、骨にまで至るためすぐに分かるのですが重症であるため治療には時間がかかります。ただ第三期にまで至るのは現在では稀のようです。そして第四期は感染から10年以上経過した場合の起こり、やがて死に至ってしまうのです。

梅毒の治療薬

梅毒の治療には先程も記述したペニシリンで行います。初めて誕生した抗生物質で内服薬により行います。海外では1回で済む注射を使い治療を行うのですが、国内では注射による治療が使えません。内服薬のみです。また、ペニシリンにアレルギーを持っている方は塩酸ミノサイクリンを服用します。

他にもある性病

他にもある性病

上記に挙げた性病の他にも性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、女性に多く見られるカンジダ、そしてHIVから発症するエイズなどまだ危険性の高いものも多くあります。特にエイズに関しては発症を遅らせる薬のみしかあらず、完全に治療が出来る性病ではないため特に気を付けねばなりません。

いずれも意識することで感染を予防することが出来ます。不特定多数と性行為に及ぶことを避け、リスクを軽減しましょう。特定のパートナーともきちんと衛生器具を着ける習慣を作りましょう。そして自身が感染してしまった場合、確実の治療を行い他人へ迷惑をかけないようにしましょう。